1. トップページへ
  2. 前建のこだわり

工務店は地元密着がいちばん!


平成の時代にここまで義理人情に厚い人間がいたのか!とお施主様がいつのまにか友だちになってしまうという、マエケンのオサムちゃんこと、当社の社長・前田磨(おさむ)。
エコロジーやユニバーサルデザインは当たり前のこと、ボランティア等の地域貢献は企業の使命と建築業から静岡県三島市だけでなく静岡県東部のまちづくりにも八面六臂の前建語録をたっぷりお届けします。



「家を建てるってことは、お施主さんとの人間関係を築くこととイコールなんだ」


ゼロからスタートし早25年、とにかく自然体で一生懸命やってきた。
すると見てくれる人がいるんだね。
今まで仕事を通していろんな人と出会い、そうして一つ一つ信用を作ってきたという感じだな。とにかく人間が大好きだからいろんな人と出会いたい。もしかしたら寂しがりやなのかもしれないが、人に会えるのが嬉しくて仕方ないんだ。そのために仕事をしてるのかもしれないな。

社員にもよく言うんだ「家が完成するとき、お客様との人間関係も完成していなくちゃいけない」って。だって家は完成したら終わりじゃなくて、その後の方が付き合いが長いのが、本当なんだし、そうして築いたいい人間関係は、会社の財産なだけじゃなく、その社員にとっても財産になることだからね。

「図面通りに建てればお施主さんが 満足するはずだなんて思っちゃいけない」


図面通りに 家を建てるなら、どこの会社でも出来る。家づくりはお客様にとっては、生涯の大事業。だから、現場にしょっちゅう顔を出して、お客様とどんどんコミュニ ケーションとってお客様の夢や思いを引き出してあげることが大事。そうすれば図面にないアイデアを提案することも出来る。それが大手のハウスメーカーには なかなか出来ないことだよね。家族の絆を育むのが家なんだ。自分自身も家族の一員となったつもりで、家づくりを大切に思う。お客さんの家族を大切に思うことを忘れちゃいけない。マエケンさんに頼んでホントに良かったよって言ってくれる。その一言が聞きたくてやってる。人間ってそういうものでしょう。

「周りが大変なのにうちだけ生き延びたって意味がない。地域貢献は企業の使命だ」


「お前まるで鮪だなー」って言われるんだ。泳ぎ続けてないと 死んじゃうってくらい、動き回っているからね。今、多数の団体に所属して様々な地域活動に携わり、地元を元気にしようということでやっている。地域貢献は、企業にとって当たり前のことで、周りが死にそうなのに自分のところだけ利益あげれば良いってものじゃないでしょう。
街が良くなって、いろんな企業が元気になる。地域貢献ではいろんな人間に出会えるから、いいよね。それが楽しい。伊豆にはもともと88カ所のお寺が あるんだよ。四国のお遍路参りの次は、伊豆でお遍路をどうぞってアピールしたらどうか、なんてみんなで話してるんだ。どうだろう、このアイデア。


前田磨プロフィール

*(一社)三島田方法人会 大場支部 支部長(元青年部会長)
*(一社)三島田方法人会 青年部OB会 顧問
*三島商工会議所 建設部会 幹事(2号議員)
*三島商工会議所 OB会 会員
*三島市中小企業家同友会 会員
*三島ライオンズクラブ LCIF委員長(元会長)
*(一社)三島市観光協会 評議委員
*静岡県東部地域スポーツ産業振興協議会 会員
*フロムIZU 幹事
*NPO法人地域活性スクランブルフォーラム 理事長
*街中だがしや運営協議会 相談役
*(公社)静岡県宅地建物取引業協会 会員
*(公社)三島青年会議所 シニアクラブ 世話人(元理事長)
*三島間税会 副会長
*八重クラブ 会員(沼津工業高等学校OB会)
*三島田方沼工会 会長(沼津工業高等学校OB会)
*三島信用金庫同友会松本支部 相談役(元会長)
*三島市立公園楽寿園 運営委員
*三島市社会教育委員会 委員
*NPO法人スペシャルオリンピックス日本・静岡 理事
*伊豆スタイルクラブ 顧問
*芸者応援団 会員
*三嶋大社崇敬会 会員
*東部MICE振興議員ネットワーク アドバイザー
*みしまびとプロジェクト 会長
*NPO法人みしまびと 理事長
*佐野美術館賛助会 ミューズクラブ 会員
*三島市自衛隊協力会 会員
*静岡県東部地域スポーツ産業振興協議会 会員  
*サンフロント21懇話会
*子育て支援ネットワークスイートピー 顧問 他